家雨漏りの原因について

家雨漏りには、様々な要因が考えられます。


一般的には屋根からの雨漏りが多いとされています。

木造の戸建て住宅の瓦屋根であれば、瓦にひび割れが発生し、その隙間から雨水が浸透して部屋の中に漏水するというものです。



鉄筋コンクリート造や鉄骨造の屋根の場合ですと、陸屋根が多いですので、シート防水や塗膜防水などといった防水材の劣化により発生した亀裂から雨水が浸透して、部屋の中に漏水するというものです。


それらの補修方法としては、瓦なら瓦の取り換えやシール材の充填により雨漏りを防ぎます。
シート防水なら防水シートを取り替えます。
塗膜防水なら再度、塗膜防水工事を行います。
しかし、家雨漏りの原因は屋根からの漏水だけではありません。
外壁からも漏水してきて家雨漏りを発生させる場合があります。
外壁からの雨漏りの場合は、外壁に発生したクラック(ひび割れ)が原因となります。
クラックから雨水が入り込み、躯体内部を浸透して部屋の中へ漏水していきます。


外壁のクラックからの雨漏りの場合、場所を特定しにくいことが特徴です。ですから、部屋の中で漏水を起こしている付近のクラックから雨水が浸透しているとは限らないのです。



雨漏りを発生させている場所の特定が困難なことから、外壁を補修する際は、外壁に発生している全てのクラックにおいて補修を行う必要があります。
そうしなければ、雨漏りを止めることは難しいのです。



補修方法としては、クラック部分にシール材を充填したり、エポキシ樹脂モルタルを塗り込みます。