家雨漏りで考えられる事

誰でも自分の家を建てる事は一生の夢でもあり財産です。

しかし、一生物であっても材料の劣化は必ず起きるので寿命もある事は確かです。

材料の劣化は、骨組みとなる構造体よりも家全体を包む仕上げ材料が顕著に表れてきます。それが屋根ふき材であったり、外壁材なのです。


もしもそれらが劣化して、機能を果たさなくなると重大な家雨漏りの問題が起きます。



まず、重大とも言える屋根からの雨漏りは何が原因でしょうか。
屋根と言って使用材料が瓦やカラー鋼板やスレート材などがあります。


雨漏りはどれも、材料の劣化や剥がれから発生します。
例えば、カラー鋼板ですがこれは良く耳にするトタンと言われています。



このカラー鋼板も、立て平葺きや横葺きと呼ばれる施工の仕方がありますが家雨漏りの原因として可能性が高いのが、横葺きの工法です。
横葺きは、1枚の材料を3段に折り曲げて45cm程度の幅に加工し下から上へと重ねて施工します。

しかし、折り曲げ部分に雨水が溜まりやすく徐々に錆を発生させて穴が開くことで雨漏りに繋がります。



外装材は、紫外線や風雨にさらされとても厳しい環境下に置かれる材料です。外装材は長さがある程度決まっているうえに、窓部分は切欠きして加工をしなければいけません。

外装材のジョイント部分や窓開口周りは、シーリング材と呼ばれる防水材料で充填するのです。

しかし、シーリング材は10年もすれば固くなり縮んでひび割れも生じます。
そこから雨が侵入する確率が非常に高いのです。

このような家雨漏りが起こる原因は色々考えられます。